前回の投稿が昨年の6月11日でほぼ1年振りの投稿になります。

投稿していなかった理由は、いくら書いても反響がなくYouTubeなら見て頂けるかと思い、YouTubeで自分の考えなりを主張してきました。

 

ところがYouTubeもほとんど見られることがなく、そのうえ全ての動画に一斉に低評価をつけられることが2度ありました。高評価がたくさんついていれば気にならないのですが、ろくに見ることもせず(YouTubeはいつ何分何秒見たかがわかります)、理由も言わず低評価をつけられるとかなりへこみます。侮辱されているかのような気さえします。そのため知名度が上がるまではYouTubeは止めようと思いました(ただ私は全力で自分の思いをぶつけており、かつ塾の方針や塾長としての人柄などが伝わるため、塾のPRとして最低限の動画は残しておきます)。

 

一方ブログの方は、産経新聞社の記者の方から取材の申し込みを頂いたり、ラジオ制作会社のプロデューサーの方から出演依頼のお声掛けを頂いたりしました。また批判的なご意見を頂いたこともありましたが、きちんと読んで頂いたうえでのことですので不快感はありません。

 

ブログはアクセス数が分からないので、どの程度読まれているのかが分からないのですが、それでも全く読まれていないというわけでもなさそうです。

 

そして次の塾のチラシに「ブログを読んでください」と誘導したことと、何よりコロナに伴う教育行政の対応について黙っていることができないので、再びブログを書くことにしました。

 

これから書くブログが世間に知られることになれば、世の中を変えるきっかけになれば、子ども達にとっての将来が明るくなれば、苦しみを少しでも減らすことができれば、といった思いを込めて書いていきますので、皆様方にはこのブログのために貴重なお時間を割いて頂ければと思います。そしてご感想などを頂ければなお嬉しく思います。

 

今後ともよろしくお願い致します。