前回の続きです。

現1年生は、中3の時に学習指導要領が変わります。

 

この最大の問題は全学年一斉に行われることです。

 

改訂の年は、

①教科書が突然変わる

②変更点に対応しないといけない

③入試問題に改定の影響が出る

といったことが起きます。

 

教科書が変わることで一番影響が出るのは英語です。

中3の教科書は1年・2年からつながっています。それが急に変わると習っていないことが習っているものとして扱われることになるのです。習っていない単語が既出語扱いされていると、教える側も教えにくいですし、何より生徒の学習意欲をそぐことにもなりかねません。

 

変更点への対応はその都度学校で行われますが、教科書に載っていないことなので学習する側はあまり身に入りませんし、問題もそれほど解けないので定着しません。

 

そして入試問題ですが、私立の中の上以上の高校は新しい内容も出してきますし、公立高校は新しい内容は基本出さないですが、傾向を変えてきます。

 

全く新しいことはまだいいのですが、それよりやっかいなのが、以前は上の学年でしていたことを下の学年でするときです。

 

1つ例を挙げると、数学の素数や素因数分解が中3から中1に変わります。おそらく、教わる側はよくわからないままそこを終了し(教科書に載っていないし問題もそれほど解けないので)、仮にその状態で中3になれば、平方根を教える時にまた素数と素因数分解の話をしないといけなくなります(知らなくても解くことはできますが)。

 

もともと上の学年でしていたことは入試で普通に出ます。ところが特に中1ですと多くの子はそんなことを気にしません。したがってほとんど記憶に残らないため、中3の受験勉強で初めて知るような形になります。先ほどの例で言いますと、入試でよく出る素因数分解の利用(ある数にある数をかけてある数の2乗にする問題)とかは塾で教わるものになるかもしれません。

 

そうしたことから、この年は通常以上の勉強が必要になるのです。

 

それだけでも今の中1生は気の毒なのですが、今回の改訂はご存じの方も多いかと思いますが、英語が大幅に変わります。

 

英語の変更については次回書きますが、それよりなぜ全学年一斉に変更するのでしょうか。どうして教科書や指導内容を変えることを新1年からにできないのでしょうか。

 

理由が全くわかりません。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。