前回までのブログで私はとにかく公民を重視しており、公民だけ授業をしている、と書きました。ただし教科書を丸々1冊授業するのはまだ2回目です。それはともかく、去る1月12日に今年度の最後の授業を行いました。テーマは「国家と日本の在り方」です。これには私の公民への思いが詰まっており、自己評価ですが、かなり良い授業であったと思います。ですので、私がどのような授業をしているのか、レジュメと音声だけですが、それを公開することによりそのまま塾の評価として頂ければと思います。内容は

①竹島問題と北方領土問題

②メタンハイドレートと日本

③世界の紛争と我々の暮らし

④まとめ

です。

 

まずレジュメですが、当日使用したものをそのままアップするとどこを見てよいのかわからなくなるため編集したものをアップします。それがこちらです。

公民レジュメ

 

続いて音声ですが、授業自体は2時間しましたので、それを全てアップするとおそらく耳を傾けて頂けないような気もしなくもありませんので、特に聞いて頂きたい箇所のみをアップさせて頂きます。リンク先はYOU TUBEになります。

↑授業中の様子です。

以下、内容の詳細です。

①導入(5分11秒)…この授業の必要性、あるいは本編を聞く上で注意して頂きたいことを説明しておりますので是非ご覧頂きたく思います。

https://youtu.be/WvsLhSCnWhY

 

②メタンハイドレートの説明(7分52秒)…メタンハイドレートをよくご存じでない方にはご覧頂きたく思います。ただし学校はここまでの話すらしていないと思われます。最後に生徒が入って来ましたので、そこで録音は切っています。

https://youtu.be/84JBwYC1Jlw

 

③メタンハイドレートと日本の問題(14分20秒)…まず学校では触れられない話だと思います。しかし私はここまでの話を学校の先生方にもして頂きたく思います。

https://youtu.be/bd1-52v3lA8

 

④世界の紛争と我々の暮らし後編(6分23秒)…「世界で起きている紛争に対して我々はどうあればよいのか」、について話しています。レジュメは<現在も続く紛争>の説明文の2文目「今の平和な暮らしを~」からです。中学生にはぜひ聞いて頂きたい内容です。

https://youtu.be/XiVhLVdnA9k

 

⑤公民の授業の必要性(5分19秒)…まとめの話の中で最も重要なところです。ここだけは聞いて頂きたく思います。レジュメの<最後に>の8行目からになります。

https://youtu.be/lvZ_Miqz-1I

 

いかがでしたでしょうか。貴重な時間を割き耳を傾けて頂いた方に深謝を申し上げます。私は中学生の時の授業の記憶が無く、今学校で行われている授業も見学したことがありません。したがって学校との比較ができません。私は「社会科」の専門家ではありませんので「プロ」の方に勝っているとは思いませんし、なにより事実誤認を伝えている可能性もあります。しかしそれを承知でこの授業を公開したのは、「中学生に公民の重要性を知ってほしい」ということと「学校の先生方にもっと公民に時間を割いて頂きたい」という2つの思いからだけなのです。

 

もし、感想などがございましたらコメント欄に何か残して頂ければ幸いです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。