今回は公立高校の再編において高校の特色強化を明らかにしていることについてです。

 

よくご存じでない方のために、奈良県の公立高校では普通科以外にある特定の専門教育を重視した専門コースを設けており、その選抜試験のほとんどが「特色選抜」という名称で試験を行うことから、専門コースのことを一般に「特色」と呼んでいます。

 

「特色」は工業や商業、農業といったいわゆる「手に職」をつけることを目的とすることが多く、どちらかといえば学力レベルの低い学校に多くありました。特に近年はそのような学校が次々と普通科を減らし、「特色」を増やしている傾向にあります。一方で、学力レベルの高い一条高校や奈良北高校などにもあり、外国語や数学、理科など特定教科を重点的に勉強しています。

 

この特色化の流れが非常に強くなり、改めてになりますが、今回の再編では登美ヶ丘高校が国際高校に、西の京高校が奈良県立大附属高校に(奈良県立大学は地域創造学部しかないので、現在西の京高校にある「地域創生コース」を拡大するものと考えられる)、芸術コースの多い高円高校が芸術高校になることが発表され、奈良北高校も数年後情報コースを設置するそうです。

 

特色化が進んでいる背景として、大学の改革があります。センター試験が廃止されて新しい共通テストが実施されるにあたり、私立大学も含め、大学側の選抜の方法が変わり、「この学校で何を学びたいのか」を明白にする必要があるそうです。そして学力レベルではなく、自分のしたい勉強で大学を選ぶことになるらしいのです。

したがって、今までのように1つの私立大学で複数の学部を受験したりすることはできなくなるかもしれません(大学の経営上絶対にやらないと思いますが)。

 

2年後にそんなことが可能なのかという疑念もありますが、このようなことが今回の公立高校の再編につながったのだと思います。個人的にはこうした流れは良い方向だとは思います。個人の能力が重要視されるなか、「自分とは何か」「自分は何がしたいのか」「自分には何ができるのか」を早い内から意識させることは大切だと思います。

 

しかし、だから特色をたくさん作りました、と言われても中学生は困惑するだけでしょう。多くの中学生は普通科に行きたいはずです。普通科に行くことが無難であるし、そこまで特色の意義を意識していないからです。特色の中にやりたいものがない、という声もあると思います。国際化で英語が必要だということがわかっていても、英語が得意な子しか国際高校は受けないでしょうし、地域を学ぶといっても、中学校でそのような勉強をしていないのに、どれほどの子が興味を持つのでしょうか。また、卒業後の不安もあると思います。進路が見えにくかったり、逆に固定されてしまうようなイメージが強くなるからです。何より英語や数学が得意な子はまだ選択肢がありますが、国語が得意な子はどこへ行けばいいのでしょうか。公民が好きな子はどこへ行けばいいのでしょうか。

 

どうせするのなら、普通科は奈良高校・畝傍高校・郡山高校だけにして、残りはすべて特色にし、誰もが自分のやりたい勉強を重点的にできるような体制にする方が良いのではないかと思います。

 

特色を生かすことは大事だと思います。しかし受入れが限られているという点、中学生の特色に対する意識が薄い点。これらを直さない限り、残された普通科の奪い合いになると思います。

 

将来的には改善されると思います。しかし少なくとも今年の中3に限っては、ただ変革の犠牲になるとしか思えません。

 

次回は、入試改革も含めた今回の再編問題の引き起こす最悪のケースについて書こうと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。